闇金の取り立ての手口について知っておきたい

闇金の取り立ての手口について知るべきです。

闇金の取り立ての手口の特徴は、法律によって認められた合法的な催促や取り立てではなく、違法な方法によって取り立てが行われます。

具体的な手口としては、ほぼ一日中、脅迫めいた電話がかかってきて、お金を返さなければ殺すとか、子供を誘拐する、女性の場合は犯すなどといった言葉で脅迫をします。

闇金は本人だけでなく、身内に対しても脅迫めいた取り立てを行いますので、身内の家にはもちろん、身内の職場へも取り立ての電話がかかってくる場合があります。

子供の学校にまで電話をする場合もあり、借金をしている本人だけでなく、子供や親戚などの身内にも被害が及びます。

このような行為は正当な取り立て行為ではなく、場合によっては脅迫罪が成立する犯罪になりますので、警察に相談をすると対応をしてもらえます。

警察だけでなく、借金問題や刑事事件を得意とする弁護士に相談をすると、違法な取り立てをやめさせることができます。

警察の場合は実害がないとなかなか動いてくれませんので、警察よりも弁護士の方が頼りになることが多いです。

そもそも闇金は出資法や利息制限法などに違反しており、法律の上限を超える利息は支払う必要はないので、弁護士に相談をすると、借金の額を大幅に減らすことができます。

借金問題に強い弁護士は、あらゆる方法で借金の減額の交渉を行ってくれ、任意整理や民事再生、自己破産などをすることにより、借金の負担を大きく減少させることができます。続きはこちら>>>>>闇金相談は警察で対応してくれる?